ベネッセ進研ゼミ中学講座

文武二道の都立西高校で可能性を開く

 文武二道の都立西高校、東京都立西高校がこう言われるのは、この高校が学びも課外活動も大切にしているからです。これは学校が掲げる教育理念でもあります。しかし昔から文武両道という言葉はあるとしても、実際に極めるのは難しいですよね。多くの人の好みは、たいていどちらかに偏っているものです。ここに通う学生たちにも、そのような人はいるでしょう。
 もちろん学校は、そんな彼らに、無理やり理想を押しつけることはしません。そのかわりに、皆がそれ ぞれの道で努力を続けることができるよう背を押すのです。それはたとえば、種類が充実した部活動や同好会であり、学びのカリキュラム、解放された自習室でもあるでしょう。さすが文武二道の都立西高校だと言いたくなります。
 そして文、すなわち学びも、理数系と語学を偏らず伸ばしていくようです。具体的には、海外研修と理数系の実習に力を入れていますね。外国の学生と交流したり、ディベートをしたり、はたまた科学者の話を聞いたり、実際に自ら学んだり……それに部活動もあるわけですから、まったく高校生は忙しいものです。これこそが、文武二道の都立西高校に通うことを選んだ彼らが進む道なのですね。
 知れば知るほど、私も高校生当時、こんなところに通いたかったと思います 。文武二道の都立西高校にで、新たな可能性と未来を得られたかも……と考えるのは、甘いかしら。きっかけやチャンスを与えてくれるという意味では、最高の体験ができるのではないでしょうか。